アウトバストリートメントって?
お風呂の外で使うトリートメント剤を「アウトバス
トリートメント
」と言います。


なんでも英語にすりゃイイってもんじゃないのにと
私は思ってしまうのですが・・・

わかりやすく言うと「洗い流さないトリートメント
ですね。


美容室では、かなり前から使っていたヘアケア剤で、
ダメージケアや、パーマ、カラー等の後に抜けてしま
ったタンパク質や油分、水分等を補うための「髪の
栄養剤」的に使うものです。


アウトバスという言い方のほかにも、ヘアエッセンス
とかトリートメントウォーターとも書いてあったりし
ます。このあたりは有名な商品の商品名がついてしま
ったりすることも多いようです。


酸性カラー ⇒ ヘアマニキュアのように・・・。


あ、しってました? ヘアマニキュアって資生堂の
酸性カラーの商品名なんですね。


話を戻して・・、

アウトバストリートメント(洗い流さないトリートメン
ト)には、チューブに入ったものや、ミストタイプなど
使い勝手が工夫されてきています。


お風呂上がりだけでなく、朝のセットやお出かけ前、
就寝前といった具合に手軽にサッと使え、しかも髪の毛
に栄養を与える効果も非常に高いので、ダメージヘアの
ケアやダメージ予防として、どんどん使いたいものです。


他にも、ドライヤーの熱から髪を守ってくれる成分が
入っているものや、紫外線から髪を守るUVカット成分
が配合されているもの、トリートメントにプラスして
スタイリング剤としても使えるものが続々と出されて
います。


まずはトリートメント的な効果を主に考えて、そこに
ご自身が使う場面・シチュエーションにあわせて、アウ
トバストリートメントを試してみてはいかがでしょう。


ちなみにアウトバストリートメントの反対はインバス
トリートメントです ^^

JUGEMテーマ:ヘアケア



posted by: miho | ダメージケア | 21:15 | comments(0) | - | - |
髪の毛をさらさらにする方法
髪の毛がさらさらになる方法!!

髪の毛がガサガサ・ザラザラになってしまう原因は、
髪の毛のキューティクルや髪の毛の内部にダメージ
があるからです。

この艶のなくなってしまったダメージヘアをさらさら
な髪の毛に変身させるには、髪の毛のコンディション
を健康な状態に戻すことにつきます。

健康な髪の毛のキューティクルは、魚の鱗のように毛
先に向かって寝ていますが、傷んだ髪のキューティク
ルは、めくれ上がってしまっていたり、剥がれ落ちて
しまっていたりします。

すると、手触りもガサガサ、ざらざらになるだけでなく
あたった光が乱反射して、見た目にもツヤのない髪の毛
になってしまうのですね。


このような傷んだダメージヘアをさらさらな状態に戻す
には、トリートメント剤で髪の毛にタンパク質を入れて
あげましょう! 

そして水分補給&水分を逃がさない一工夫も大切な要素
です。


髪の毛の主成分はタンパク質と水分。
傷んだ髪はタンパク質と水分がなくなってしまっています。

原因は乾燥や静電気ブリーチ、短期間にパーマやカラーを
繰り返すことが多いようです。

ともかく、アミノ酸やタンパクの多く含んだ、洗浄力の弱い
ちょっと高価でも質の良いシャンプーや、トリートメントを
使って、ドライ後には水分を逃がさないようにオイル系や
シリコン系等のコーティング力のあるスタイリング剤を使う
とイイですね♪

美容室で使っているような質の良いトリートメント&コーテ
ィングで髪の毛はさらさらになりますよ♪

リンスやコンディショナーは不要ですね ^^

JUGEMテーマ:ヘアケア
 


posted by: miho | ダメージケア | 22:13 | comments(0) | - | - |
傷んだ髪を修復
 普段の手入れを怠ったり、過度にパーマやカラーリングを
繰り返してしまうと髪が傷んでパサパサになってしまいます。
ハリやツヤも損なわれてしまって、ひどい場合は修復不可能
で取り返しのつかない状態になってしまうこともあります。

修復できないくらいのダメージを受けた髪はガサガサになっ
てしまい、伸びきった輪ゴムのようにちょっと引っ張っただ
けでプチンと切れてしまいます。この状態になると、もはや
枝毛や切れ毛といったレベルではありません。

枝毛や切れ毛もそうですが、一度深いダメージを負ってしま
った髪は、何をしても元に戻りません。カットする他ないの
です。

そうなる前に傷みかけた髪はケアしてあげましょう。

髪のケアはトリートメントが基本です。シャンプー後には
必ずアミノ酸やたんぱく質の豊富なトリートメントを使い
栄養を与えてあげます。

ドライヤーで乾かす前にも洗い流さないタイプのトリート
メントをつけてからドライしましょう。さらにドライした
髪にコーティングの役割をするためのヘアフォームやオイ
ル、クリームなどを使うと水分やトリートメントで与えた
栄養分が逃げずにダメージを補修できます♪

JUGEMテーマ:ヘアケア





posted by: miho | ダメージケア | 21:22 | comments(0) | - | - |