髪を染める方法には? カラーリングの種類

髪を染めると言っても色々な方法があります。
アルカリカラー、酸性カラー、おしゃれ染め、
白髪染め、ヘアマニキュア、ブリーチ、ヘナ・・

染める髪質や色、希望する仕上がり、髪の傷みの
具合などによって使いわけますが、乱暴に分けち
ゃうと次のような感じです。

1.いわゆるヘアカラー(オシャレ染め)や白髪染め
2.ブリーチ
3.ヘアマニキュア


ブリーチは単に髪の毛の内部にあるメラニン色素を
分解して脱色することを目的としたものです。

つまり染色剤は入っていません。1度色素を抜いて
しまうと、元にはもどりません。また、髪の毛には
結構なダメージを伴います。


ヘアカラーや白髪染めは、基本的に髪の中に染色剤を
入れて発色させます。

ヘアカラーにはブリーチ剤が入っていて、脱色と染色
を行いますが、白髪染めには脱色るる必要がないので
ブリーチ剤が入っていません。多少、髪の毛が傷みます。


最後にヘアマニキュア。
これは本来商品名みたいですが、まあ通じると思うの
でいいです。本当は酸性カラーに分類されるみたいです。

ヘアマニキュアは、髪の表面だけを染色するというイメ
ージでしょうか。髪の中までブリーチしたり、染色剤を
入れる必要がないので傷みが少ないという特徴がありま
すが、色持ちの期間が短いというデメリットがあります。


白髪を染めたい場合は白髪染めしか選択肢がありません。
他は仕上がりの色や髪質、傷み具合、色持ち期間等を
考えて選択してみて下さい。

JUGEMテーマ:髪の毛について
 


posted by: miho | カラーリング | 10:50 | comments(0) | - | - |