髪の乾燥に注意!

冬の乾燥した時期は髪の毛にとって良くないことばかり


髪の毛の成分は主にたんぱく質と水分からできています。


髪の毛の表面にはキューティクルがあってたんぱく質や水分が
外に出て行ってしまうのを防ぎ、髪の中にとどめておく働きを
しています。


健康な髪ならいざしらず、パーマやカラー、ブリーチなどに
よって傷んでいる髪の場合、だいたいがキューティクルがボロ
ボロになっています。


ここで湿度の低い乾燥した状態になれば、当然タンパクや水は
どんどん外に逃げてしまい、髪の毛は細くバサバサになってし
まいます。


ということで、冬の乾燥は特に傷んだ髪の方にとっては「大敵」
なのです。


こんなときこそ、ヘアケアが大切になります。トリートメントで
髪に栄養をしっかり与えてその上から保護するコーティング剤を
毛先中心にたっぷり使いましょう。


JUGEMテーマ:髪の毛について
 


posted by: miho | ダメージケア | 23:16 | comments(0) | - | - |