紫外線で傷んだ髪の毛のケアを忘れずに
夏休みはいかがでしたでしょうか?

やっぱり夏は山や海など外に出かける機会も多かったと思います。
で、外に出かけるということは紫外線を浴びる機会が増えるという
こと。

紫外線は4〜8月にかけて非常に多くなります。紫外線を浴びると
髪の毛や頭皮が日焼けをし、ダメージを受けます。

頭皮はある程度髪の毛で保護されているので顔や腕よりは紫外線の
影響は少ないものの、毎日の紫外線で少しずつダメージは蓄積され
てしまいます。

紫外線は毛母細胞の機能を低下させてしまいますので、細くて産毛
のような髪の毛になったり、新しく生えてくる髪の毛にも悪影響を
与えます。

髪の毛はいくつものアミノ酸が集まっているタンパク質で出来てい
て、そのアミノ酸の中で「シスチン」と呼ばれる健康でしなやかな
髪の毛を作るために必要なアミノ酸は紫外線を受けることによって
ダメージを受けて減少します。

タンパク質のシスチンが減少すると、髪の毛は細くなったり、ハリ
やコシがなくなり、キューティクルも剥がれやすい状態になってし
まいます。剥がれやすい状態のキューティクルは、外部の刺激から
髪の毛を守る役割を果たすことができず、さらに髪の毛のダメージ
は進んでしまいます。

健康なキューティクルがあるからこそ、健康な髪の毛は生えてきま
すので、紫外線でダメージを受けたキューティクルのケアにはトリ
ートメントが効果的です。

また、洗浄力の強すぎるシャンプーでは、キューティクルも剥がれ
やすくなってしまいますので、頭皮と髪の毛に優しい成分のみから
作られたシャンプーも忘れずに!

JUGEMテーマ:ヘアケア


posted by: miho | ダメージケア | 22:58 | comments(0) | - | - |