頭皮や髪の毛のニオイが気になる
梅雨に時期から夏にかけては、頭や髪の毛のニオイやベタツキ
が気になる時期ですね。

自分、他人を問わず、「頭皮や髪の毛のニオイが気になる」と
いう方は全体の95%以上というデータもあります。

まあ、頭や髪の毛に臭いが気にならない方はほとんどいないと
いうことです。

当たり前ですが・・。

で、やっぱり気になるニオイはどうにかしたいものです。
自分ではわからないけど、他人からはスゴク臭いがするという
こともありますので、普段からニオイに対するケアは、注意し
ておきたいものですね。

気になる臭い(これはいやなニオイと解釈してもよいと思いま
すが・・)の原因としては、汗やたばこ、食事、加齢臭といっ
たものが考えられます。

中には頭皮のトラブルによってニオイが発生しているケースも
ありますので、特にこの時期は頭皮や髪の毛のトラブルには
注意しましょうね。

頭皮のトラブルでは、活性酸素や乾燥、ストレス等によって、
髪の毛や頭皮が糖化(髪や頭皮のタンパク質が糖によって変性
してしまう)することも多いようです。

抗酸化や消臭効果のある成分が入ったシャンプーやトリートメ
ントを使うと髪の毛や頭皮のニオイを防ぐことができますので
利用するとイイですね。

代表的なものを挙げると、抗酸化作用があるのは「ビタミン」
消臭作用があるものに「カテキン」や「柿タンニン」が有名
です。また様々なハーブ類にも同様の効果があるものが多種
ありますので、シャンプーやトリートメントに配合されていま
すね。

JUGEMテーマ:ヘアケア


posted by: miho | ヘアケア | 23:22 | comments(0) | - | - |
髪の乾燥注意報
この季節、もう春がそこまで迫ってきていて、時に
春一番ではないのですが、強風が吹き荒れる日も多く
なってきました。

煙霧もイヤですが、髪の毛の乾燥もあまり好まれる
ものじゃないですよね。

髪の毛が乾燥すると、ダメージのある方は特にですが
髪が膨らんだり、広がってしまい、キレイにまとまら
なくなってしまったり、髪の毛に静電気が帯びやすく
なってしまいがちになります。


ともかく、髪の毛はタンパク質が主成分ということも
あって、思っているよりも多くの水分が中にあります。

髪の毛にとっての適切な水分量は、10%という方も
いれば13%だよっていう方もいますので、どちらの
水分量が髪の毛にとっての最適な量かはわかりません
が、10%強が最適な水分量ということになります。

話は戻って、髪の表面が乾燥しても、健康な髪であれ
ば、内部でタンパク質が水分保持の役割をし、一番外
のキューティクルが水分を逃がさないようにしている
わけです。

ところが、髪が傷んでいる場合、中のタンパク質が少
なくなってしまっている上に、キューティクルもボロ
ボロ・・

元々少ない水分が、さらに外へ出て行ってしまい、
もうどうにもならない状態になってしまうのですね。


ということで、乾燥時に髪の毛がパサつく・広がる・
まとまらない・うねりが出るといったことで困ってい
る方は、まず髪の手入れをしっかりするとよいです。

具体的には、良質なシャンプーとトリートメントを
欠かさずするということ。洗い流さないタイプのトリ
ートメントも効果的です。

このとき、安物のシャンプーやトリートメントではダメ
アミノ酸やタンパクがたくさん入っていて、洗浄力のあ
まり強くないものを選んでください。

できれば、美容室(美容サロン)で売っていものを使い
ましょう!


そして、外出時はコーティング効果のあるスタイリング
剤の使用もおススメします。

水分が逃げないように、乾燥時のスタイリング剤は、
オイル系やシリコン系をおススメします。

JUGEMテーマ:ヘアケア



posted by: miho | ヘアケア | 15:25 | comments(0) | - | - |
女性の髪の毛 エイジングケア その2
髪の毛のエイジングは、髪のボリューム低下、髪の
まとまりにくさ、頭皮のベタツキ・ニオイからはじ
まります。

前回も書きましたが、女性の髪の毛の老化現象の
原因は女性ホルモンの低下と抗酸化力の低下。

コラーゲン等、タンパク合成能の低下によって、髪
の毛がやせ細り、髪の根元にボリュームがなくなる。
髪がぺたっと寝てしまう・まとまらなくなってくる、
艶がなくなる。といった症状が出てきます。

頭皮や毛穴に過酸化脂質が増えてきて、いやなニオイ
や、べたつきの元となります。


では、髪のエイジングケアはどうしたらいいのでし
ょうか?

一つは身体の中から改善するというのが考えられます
よね。これはサプリ系の摂取です。

特に女性ホルモンの低下によるものは、プラセンタが
おススメです。プラセンタは胎盤由来の物質で女性ホ
ルモンの低下には効果があると考えられています。
また、できれば髪の成分となるコラーゲンも積極的に
利用したいところですね。

外からの補給では、アミノ酸が豊富に含まれていて、
水分のバランスを整えてくれる保湿成分の配合された
シャンプーやトリートメントを使うということです。

これで髪のボリューム低下やまとまりにくさ、ツヤを
取り戻しましょう。



                  ・・・続く

JUGEMテーマ:エイジング



posted by: miho | ヘアケア | 20:47 | comments(0) | - | - |